トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

★Andybell★

Author:★Andybell★
当ブログへようこそ✌️
宮城県仙南地区住まいアラフィフでちょっとメタボ・・・もとい!結構メタボな4歳児(人間)と5歳児(犬)のパパです。
出張が多いので出張先、宿泊先などの情報、育児(高齢パパなのでけっこう大変・・・)、愛犬のシェルティ、お役立ち情報などを書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

五感を刺激「感覚ミュージアム」@宮城県大崎市

台風が近づいている3連休、台風は2日目の17日PM~18日AMにかけて宮城県に影響がでるということで3連休前半にお出かけをしてきました


16日土曜日はメタボンが仕事だったので、ヨメがムスメをつれて、仙台市内の「セルコホーム ズーパラダイス八木山(八木山動物園)」に遊びに行き、メタボンが休みの17日(日)は思い付きで、気になっていてまだ行ったことがない宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」&奥州三名湯のひとつの「鳴子温泉」で日帰り入浴を堪能してきました


まずは「感覚ミュージアム」へ


ホームページには、「視覚・聴覚・嗅覚・触覚といった、私たちの持っている"感覚"をテーマとする、日本で初めてのミュージアムが誕生しました。それが「感覚ミュージアム」です。 このミュージアムの目的は、感覚体験を通して感性を磨き、想像力を高めることで、物質文明に生きる私たちが失いがちな「ゆとり」や「心の豊かさ」を取り戻すことにあります。 ダイアローグゾーン(身体感覚空間)とモノローグゾーン(瞑想空間)の二つのゾーンからなる館内には、見る、聞く、触れる、嗅ぐといった体験により、感覚を意識することのできる展示がいっぱい。子供から高齢者まで、あらゆる世代が、さまざまな体験を通して、楽しみながらイマジネーションを高めることが可能です」と紹介されています。





入口のところにラッパの形をしたものが・・・


これは、周りの音を聞くための集音装置、この場所は田舎にあるので鳥のさえずりや風の音などを聞くことができます
しかし、ムスメはメガホンと勘違いして大声をだしていました





この施設の入場料は大人500円、高校生300円、小・中学生250円、未就学児無料とリーズナブル





「創作楽器」のエリア





ムスメが夢中になったのがこれ、まだ有料エリア手前なんですけどねぇ





これも有料エリア手前「サークル・ン・サークル」、「直径3.2mの車輪についた台の上に寝た状態で、手足の回転運動によりペダルを操作し、チョークによる線が記録される、いわば「人力らくがきマシーン」です。繰り返しによって生まれる無数の線の記録がアートになっていく過程を楽しむことができます。」とホームページで紹介されています


ムスメにやってみるか聞くと「やらない!」と即答





この後は有料エリア、撮影禁止なので紹介できないのが残念ですが、「エアートラバース」と言われる空中を歩いているような浮遊感を体験できるエリアが面白かったですね


高所恐怖症の方はちょっと怖く感じるかもしれません


このミュージアムは展示数はあまりなので、「これだけ?」と感じてしまいますが仕方がありません


30分程で見終わり、施設の屋上へ





屋上にも集音装置が複数あって、ひとつひとつ耳を当てて音を確認するムスメなのです





屋上からの風景・・・
曇天ですが、のどかですねぇ


と、イマジネーションを高めたということで「感覚ミュージアム」を後に「鳴子温泉」に向かいました





鳴子温泉での日帰り入浴は「鳴子観光ホテル」を利用、大人1,080円(タオル付き)、小人540円で未就学児は無料です





鳴子温泉の泉質は硫黄成分が含まれるので結構な硫黄臭が・・・ それだけで効く気がします
このホテルは上がり湯に真水の湯があるので、ある程度硫黄臭をとることができますが、それでも何となく残っている気がしてしまいますね





湯上がりにちょっと休憩





久しぶりの鳴子の湯、気持ちよかったですねぇ、遠刈田温泉や秋保温泉、作並温泉とまた違った良さがあります
ムスメ的には熱いし臭いしでイマイチ、おかげで一緒に入ったヨメものんびりできなかったとの事でした


この後はちょっと遅めの昼食をとって無事帰宅です


ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カウンタ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR