FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

★Andybell★

Author:★Andybell★
当ブログへようこそ✌️
宮城県仙南地区住まい、6歳児(人間)と7歳児(犬)のアラフィフちょっとメタボなパパです。
出張が多いので出張先、宿泊先などの情報、育児(高齢パパなのでけっこう大変・・・)、愛犬のシェルティ、日々の出来事を書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

パワースポット!金蛇水神社@ムスメとお出掛け

5月7日、ゴールデンウィーク最終日の前日に宮城県岩沼市の「金蛇水(かなへびすい)神社」へ行ってきました


パワースポットだから、というのではなく「藤の花」と「牡丹」が見頃ということで、毎年見頃を逃していましたが今年は間に合いました
わが家では金蛇水神社には年に数回参拝します(近いので...)


■金蛇水神社 沿革


 創始年代不詳。人々がこの地に住み農耕をはじめた時に、山より平野へ水の流れ出るこの場所に水神をおまつりしたものと思われる。

 社名については、次のようにつたえられている。平安時代中頃一条天皇の御代、京都三条の小鍛冶宗近は、天皇の御佩刀を鍛えよとの勅命を受け名水を求めて諸国を遍歴してこの地に至り、水神宮のほとりを流れる水の清らかさに心をうたれた。

 早速、水神宮に祈願をし、炉を構えて刀を鍛え始めたが、カエルの鳴き声で精神統一ができず、よい刀が打てずにいた。そこで宗近は巳のお姿をつくり、田に放ったところカエルはピタリと鳴き止んだ。無事素晴らしい刀を鍛え上げることができた宗近は神への感謝のために巳のお姿を献納し都に帰った。

以来、水神宮ではこれを御神体と崇め、社名も金蛇水神社と称するようになったと言う。


とホームページでは紹介されています





白い鳥居





樹齢300年といわれる「九龍の藤」、立派な藤棚で藤の花の香り包まれます





しかしムスメは花の下を通るのは楽しいみたいですが、花の香りは苦手なようです






拝殿・本殿





蛇紋石 (蛇石)、沢山並んだ蛇紋石のなかから直感で1つの石を選んで手で撫でると金運に恵まれ、財布で撫でると財布にお金が沢山入るようになると言われているそうです
ちなみに、穴が開いた5円玉や50円玉を供えると、蛇が通り抜けてしまいご利益が抜けてしまうと聞いたことがあります





金蛇弁財天社、弁財天がお祭りされていますので併せて参拝いたします





外苑の牡丹園、入場料は200円ですが全額被災地支援に充てられるそうです





立派な牡丹の花が咲いています








工房水神そば、無料休憩所を兼ねていますがここの蕎麦は手打ちでなかなか美味しくて毎回食べますが、この日は昼食後に参拝したので食べませんでした





ゴールデンウィークということもあり参拝者は多かったのですが、例大祭時よりは少なかったですね


金蛇水神社についてお知りになりたい方は→  ここをクリック


参拝して仕事を頑張ろうと誓ったメタボンなのでした


ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カウンタ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR