トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

★Andybell★

Author:★Andybell★
当ブログへようこそ✌️
宮城県仙南地区住まいアラフィフでちょっとメタボ・・・もとい!結構メタボな4歳児(人間)と5歳児(犬)のパパです。
出張が多いので出張先、宿泊先などの情報、育児(高齢パパなのでけっこう大変・・・)、愛犬のシェルティ、お役立ち情報などを書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

東日本大震災から5年...震災当日の我が家

2011年3月11日14時46分に最大震度7、マグニチュード9.0の東日本大震災が発生しました


あれから5年、変わらない日常を過ごしていますが5年前の震災当日を振り返ってみます


震災発生時、嫁は妊娠4ヶ月で仙台市内の職場で被災、メタボンは日帰り出張先の福島県郡山市で被災しました
小雪が舞う寒い日だったのを覚えています
郡山で被災...ある意味ラッキーでした
仙台で勤務していたら、津波に飲み込まれた海沿いの道で帰宅していた可能性があったからです


震度は6弱、強く長い揺れ、宮城県内はほぼ全域停電、郡山市は停電にはなっておらずテレビで状況を確認したところ、大津波警報が発令されていて津波の映像をリアルタイムでみていました
(郡山市の電力は新潟から供給されているとの事で停電にはならなかったそうです)


脳裏をよぎったのは妊娠している嫁の安否と名取川に津波が逆流し溢れている映像を観て津波で我が家が大丈夫かということ、電話もメールもパンク状態で安否確認がなかなかできない状態でしたが、嫁から大丈夫のメールがきてひと安心、25Kmの道のりを職場の同僚に車で送ってもらい4時間かけて無事帰宅することができました


我が家の親には電話がつながらず帰るまで安否不明のまま、結局は大丈夫でしたが、津波は直線距離で2Km先で止まっていたので何事もなく胸を撫で下ろしたのを覚えています
愛犬アベルはまだ子犬であまりの地震の揺れでチビッたそうです


メタボンは急きょ自宅に戻るわけですが、状況がわからないので郡山でガソリンを満タンにしてスーパーで食料を買い込みましたが、パンや弁当、お惣菜は売り切れ、家には米があるのでおかずになりそうなものを購入して16:30頃郡山を出発、東北自動車道を使えば通常1時間半程度の道のりですが、高速道路は通行止め、一般道も渋滞しているので何時間かかるかわかりません


主要道路は国道4号線、当然大渋滞は予想できます
ラジオでは土砂崩れで通行止めの箇所があるとのことで4号線ルートは断念、幸い裏道で自宅まで帰るルートは把握していたので、裏道で帰ることにしました


裏道ルートも塀が倒壊していたり、停電で信号が機能していなかったりで気を付けながら安全運転で走行です
18:30頃福島県伊達市保原町付近、明かりが点いていたので水力発電で電力が供給されているという事でしょうか、営業しているスーパーがあったのでお腹を満たすために入りましたが、当然パンやお惣菜、缶詰は売り切れ、魚肉ソーセージとお菓子購入して空腹を満たしました


仙台に近づくにつれ、車の量が多くなってきました
帰宅するには4号線を渡らなくてはいけませんがそこで大渋滞、2時間ほど待っても数十メートルしか動きません
別ルートを探したところ立体交差できる場所があったのでそちらに迂回して4号線を渡りました


家のそばのショッピングセンターの駐車場は避難している車がたくさん駐車していました
その時は気づきませんでしたが、津波で家を流された方、家が壊れた方、津波が来そうなエリアの方が避難していたようです
家に着いたのが23:30、郡山を出て7時間かけ帰宅、家族は無事だったので安堵しましたが、家は電気も水も止まっています
頻繁に余震もあり、翌日からどうなるかさっぱりわかりません
地震で家の中もひっちゃかめっちゃか、片付けるのは翌日にして取り合えず寝るしかないので寝ることにしました


震災の日の我が家の出来事でした


ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カウンタ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR