FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

★Andybell★

Author:★Andybell★
当ブログへようこそ✌️
宮城県仙南地区住まい、8歳児(人間)と9歳児(犬)のアラフィフちょっとメタボなパパです。
出張が多いので出張先、宿泊先などの情報、育児(高齢パパなのでけっこう大変・・・)、愛犬のシェルティ、日々の出来事を書いていきたいと思います。

最新記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

ムスメと「鬼滅の刃」を観に行く

この週末は特に予定も無いので、ノンビリと過ごそうと思いましたが、換毛期に入ったアベルをブラッシングしたら抜け毛がスゴイので、結局お家シャンプーをする事にしました


シェルティはダブルコートなので、抜け毛の量が半端じゃなく、シャンプー前のブラッシングもゴッソリでしたが、シャンプー後もかなりの量でブラッシングだけでお疲れモード突入





アベルは、いつものようにされるがままではありますが、「いつもより長いんじゃね?まだ終わらないの?」的な感じでチラチラと見つめてきますが、なだめながら結局3時間近くかかって終わりました


さて、アベルのシャンプーが終わるのを待っていたムスメが「鬼滅の刃の映画に行きたい」と言ってきたので、アベルのシャンプーで疲れてはいましたが、上映中に寝ればいいか、と思って座席をネットで予約して行ってきました





上映時間よりちょっと早めに行って、グッズを買ったり飲み物を買ったり、そう言えばこの映画館ではポップコーンなどの食べ物の販売は中止していて、結局飲み物だけの販売でした


シートは全席開放したのにちょっと残念でしたね





今回は冊子が無料グッズでした





幸いな事に、田舎の映画館なのですんなりシート予約ができて、並ぶこともなく観ることができましたが、流石人気がありますね、45分置きに上映されて、メタボン親子が観た回も7割がたシートが埋まってましたね


さて、上映中に寝る事ができたかというと、見入ってしまって最後まで起きてました

ムスメ同様に楽しめたメタボンなのでした


ランキングに参加しています。ポチッとしてくれたら励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
749: by ジャム on 2020/10/19 at 07:25:51

今大人気ですよね!
私も観てみたいなあと思います(^-^)

750:Re: ムスメと「鬼滅の刃」を観に行く by メタボン on 2020/10/19 at 18:04:31

ジャムさん

鬼滅の刃、小学生にも大人気ですが、大人でも結構楽しめました。

ぜひ観に行ってみてください。

752:洞察力がなさすぎて嫌になります by のりゅ on 2020/10/21 at 08:21:06

おはようございます

「鬼滅の刃」…
流行ってますね~

それに、メタボンさんは失礼ながら
娘さんと子供向けの映画を観に行くと
いつも寝落ちしてしまうイメージを抱いていましたが
見入ってしまったということは
それだけ面白かったということですね…

自分は、41歳になっても
ジャンプを読み続けているんですが
鬼滅の刃は第1話を見て絵が上手いとは言い難いこと
ストーリーも好みでは無かったことから
読み飛ばしていた漫画の1つでした

連載が始まった頃は早期で打ち切られる漫画だと思ってたのに
社会現象になってるくらいに流行っちゃいました
どれだけ先見の明がないんだかって感じですね

754:Re: 洞察力がなさすぎて嫌になります by ★Andybell★ on 2020/10/21 at 14:33:38 (コメント編集)

のりゅさん

子供向けの映画で寝入ってしまうのは、寝る気で行きますし、紛れもない事実なので否定しません。www

鬼滅の刃、なんか見入ってしまいましたね~
漫画やアニメは観ていないので、ストーリーは「鬼退治」程度の理解しかありませんでした。

時代背景が現代だったら、それほどでもなかったかもしれませんね。
大正時代?という微妙な時代が良かったのかも。。。

ジャンプは、確かワンピースの連載が始まった頃(20年位前ですかね)まで読んでいましたが、メタボンもワンピースやジョジョなどは読み飛ばしてましたし、逆に「るろうに剣心」は読んでいたので、幕末~明治・大正」あたりの時代背景が好きなのかもしれませんね。

漫画やアニメ、映画などは食べ物と同じで、好みがあるので無理に観る必要もないのではないでしょうか?

カウンタ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサードリンク